葬儀の儀式

葬儀に関する儀式は、さまざまです。

お通夜に始まり、葬式・告別式、火葬前読経、還骨勤行、そして初七日です。

初七日を葬儀に関する儀式に入れるかどうかは、難しいところですが、
最近は、初七日をお葬式の日に済ませてしまう人が多いです。

あるいは、お葬式は家族葬で済ませ、
改めて親しい友人を呼んでの「お別れ会」などを行う人もいます。

お通夜は、お葬式の前の夜に、死者の魂に寄り添うための儀式とされています。

葬式・告別式は、亡くなられた方を弔うためのための儀式となります。
また参列者が、亡くなられた方と最後のお別れをする儀式ともなります。

火葬前読経では、火葬を行う直前に僧侶が読経し、亡くなられた方の冥福を祈るための儀式です。

還骨勤行は、火葬が終わった後、お骨を祭壇にお迎えするための儀式です。

そして初七日です。
亡くなられた七日目に行う法要となります。

最近は、葬儀の仕方も様々です。
また地域によっては、まだまだ古い葬儀が残っているところもたくさんあります。

家族葬を安くしたいならこのサイトをチェック

葬儀の儀式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です